翁長雄志那覇市長 うちなーぐちで主要施策の市政方針演説

翁長雄志那覇市長 うちなーぐちで主要施策の市政方針演説
2月19日、那覇市の2月定例議会が開会し、翁長市長は新年度の市政方針演説を行いました。この演説の中に翁長市長は、主要施策の柱となるキャッチコピーを「しまくとぅば・うちなーぐち」で語りました。那覇市文化協会うちなーぐち部会は、那覇市の企画調整課から相談を受け、うちなーぐちの翻訳をお手伝いしました。
うちなーぐちで主要施策の市政方針演説
(クリックで画像拡大)
ご存知のように翁長市長は、去年4月から市役所の窓口で「ハイサイ ハイタイ運動」を展開しています。市の1階フロアでも訪れる市民をうちなーぐちで案内する銀行のロビーウーマンならぬロビー爺さんを配置し喜ばれています。 那覇市文化協会は去年8月、「跳び出せ!市長室」を誘致し、翁長市長や佐久川市民文化部長らを招き、うちなーぐちの保存継承について意見交換を行いました。その中で翁長市長は職員採用試験にうちなーぐちを取り入れたいと話していましたが、10月22日付の新聞に「採用試験にうちなーぐち 那覇市が初導入」と報じられ我が意を得たりと喜んだものです。翁長市長はゆうげん実行の政治家ですね。
市政方針演説 市政方針演説