ふるさと博覧会で人権劇上演 11月2日南風原町中央公民館

12月4日~10日は人権週間で最終日の10日は、世界人権デーとなっています。1948年、国際連合で採択された「世界人権宣言」の趣旨と重要性、人権尊重思想の啓発活動を行うもの。

2006年(平成18年)11月4,5日トピアでは、南風原町の委託を受けて南風原小学校特設ステージでに於いて人権をテーマにした舞台劇「南風原食堂の人々」を制作上演しました。沖縄テレビの人気番組郷土劇場、「Oh!笑いけんさんぴん」のコーナー劇「西武門食堂の人々」を南風原に置き換えた舞台です。

今回は、現代演劇集団「シアターテンカンパニー」に制作協力を求めて、コメディー「ウークイの夜に」を上演しました。内容は沖縄の伝統行事ウークイの夜に、突然事故で亡くなったオジーの”あるかどうかわからない”隠し財産を・・・。
久しぶりに集まった家族。子供たちや孫、しっかり者のおばぁとの何気ない会話の中に沖縄の家族の姿を描き出すホームコメディーです。
ふるさと博覧会会場の町中央公民館と屋外特設ステージで、2回上演し大勢の町民が観劇しました。

 

ふるさと博覧会 チラシ

 

南風原人権劇スナップ(野外ステージ)